無灯火(ライト不点灯)の違反条件及び反則金

交通

夜に駐車場を出た直後やトンネルへの進入時、ヘッドライトを点け忘れたまま走行してしまったことはありませんか。特に街中やトンネル内は周りが明るいため、無灯火に気づかない場合もありますよね。

今回は無灯火(ライト不点灯)に関して、違反となる条件や反則金の紹介をしていきます。

違反条件

無灯火が違反となる条件は道路交通法及び道路交通法施行令に記載があります。
夜間であること

※夜間とは、日没時から日出時までの時間ことで16時~7時を目安にライトの点灯をしておけば間違いないでしょう。

(車両等の灯火)
五二 車両等は、夜間(日没時から日出時までの時間をいう。以下この条及び第63条の9第2項において同じ。)、道路にあるときは、政令で定めるところにより、前照灯、車幅灯、尾灯その他の灯火をつけなければならない。政令で定める場合においては、夜間以外の時間にあつても、同様とする。

出典:道路交通法 第五二条

・トンネル内や濃霧等で視界が確保できない場合

※高速道路と一般道路で視界を確保しなければならない距離が異なります。

第一九条 法第五十二条第一項後段の政令で定める場合は、トンネルの中、濃霧がかかつている場所その他の場所で、視界が高速自動車国道及び自動車専用道路においては200メートル、その他の道路においては50メートル以下であるような暗い場所を通行する場合及び当該場所に停車し、又は駐車している場合とする。

出典:道路交通法施行令 第一九条

この2つのうち何れかに該当した場合、違反切符を切られることになります。
ただ実際は注意で終わることが多く、注意を無視し続けた場合に取締りを受けることになるでしょう。

反則金及び違反点数

無灯火の反則金は車両等の種類により異なります。

車両種類反則金違反点数
大型車7,000円1点
普通車・二輪車6,000円1点
小型特殊車・原付5,000円1点

無灯火違反は増えている!?

無灯火違反は自発光メーターの普及により増加していると考えられます。

一方で2020年4月から早朝や夕方などの薄暗い時間帯の事故を減らし、視認性を向上させるため、新車におけるオートライトの搭載が義務化されています。
これにより今後、違反は減少するでしょう。

まとめ

夜間や視界が確保できない場合はライトを点灯する必要があると法律で定められています。また高速道路では、より遠くまで視界を確保する必要があります。
違反した場合、違反点数1点、反則金5~7千円が科せられます。

無灯火違反を故意にする人はいないと思いますが、事故を起こした場合など過失を問われる可能性もあります。
安全に走行するためにも、早めのライト点灯を心掛け、忘れてしまいそうな場合はオートライト設定を行いましょう。

タイトルとURLをコピーしました